目の下に貼るだけでたるみがなくなると話題のヒアロディープパッチの効果について調べてみました!

目の下にたるみがあると、老けた印象を与えてしまいますが、化粧品などでは相当ケアしないと改善させることはできませんし、プチ整形をする方法もありますが、リスクがないわけではないですし、正直怖いですよね…

ヒアロディープパッチなら、特殊技術によるヒアルロン酸で作られたマイクロニードルによって、肌の深部までヒアルロン酸を届けることができ、ハリやツヤを簡単に取り戻すことができると話題になっています。

しかし、プチ整形くらいしないとたるみを解消するのは難しいとされているのに、なぜヒアロディープパッチなら貼るだけでたるみを解消することができるのでしょうか?

ヒアロディープパッチがたるみ解消に効果的な理由をご説明しましょう。

たるみができてしまう原因とは?

そもそもたるみはなぜできてしまうのでしょうか?

年齢のせいだから…と漠然とした原因しか知らない方も意外と多いですよね。

たるみが起こるのには様々な原因がありますが、1番大きな原因としては年齢による肌のハリを保つための成分が減少していくからでしょう。

肌のハリを維持するためのヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンはもともと肌の内部に存在します。

しかし、年齢により、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの成分を生成する働きが弱まり、肌のバリア機能の低下から、肌刺激を受けやすくなることで肌にハリがなくなり、たるみが起きてしまうのです。

特に目元は顔の皮膚層の中で1番薄いこともあり、刺激が受けやすいだけでなく、特に女性の場合はアイメイクをすることが多いため、摩擦やコスメによる刺激を受けてしまうことでたるみが起こりやすくなるのですね。

たるみを解消する方法は?

目元のたるみを解消させるためには、肌のハリを取り戻すための成分を補うことが大事です。

しかし、肌の外側からヒアルロン酸やコラーゲン配合の化粧品を使ったとしても、バリア機能の低下により、奥まで成分が浸透する前に蒸発してしまう可能性が高いです。

そのため、いくら高級な化粧品を使っていても、思うようにたるみが解消されないのはそのような理由があったのですね!

だからといってプチ整形によるたるみの切除はリスクがつきものです。

プチ整形だからといって費用は安いわけではないですし、またたるみができたら整形を繰り返さなければいけなくなるので、どんどんリスクは増えていく一方です。

ヒアロディープパッチなら、リスクもなく、肌の奥まで貼るだけでヒアルロン酸を浸透させ、たるみを解消させることが可能なのです。

その構造について、詳しくご紹介していきます。

ヒアロディープパッチならリスクもなくたるみは解消できる?

ヒアロディープパッチには医療現場で用いられているマイクロニードル技術を参考にして作られたヒアルロン酸マイクロニードルにより、貼るだけでヒアルロン酸を肌の深部まで浸透させることが可能です。

ヒアルロン酸配合のマイクロニードル技術とは、マイクロサイズの針を敷き詰めて並べたシートを肌に貼ることで、体内にヒアルロン酸を直接浸透させることができる技術です。

そのため、化粧品のように肌の外側から浸透させるよりも、効果の実感力が高いのはこのような理由があったのですね。

針といっても、ヒアロディープパッチを貼ってから少しの間チクチクはしますが、数十分で肌に馴染んでいくので、チクチク感がずっと続けわけではないので、就寝前にヒアロディープパッチを貼って、そのまま寝ると翌朝見違えるほどの明るい目元になることができます。

目元のたるみが気になる方は、ぜひ使ってみてくださいね!