ヒアロディープパッチ 類似品
「類似品なら安い方を選びたい」、「類似品なら効果のある方を選びたい」どこを重要視するかは個人によって異なりますよね。

例えばテレビ番組でダイエットに効果のある商品が紹介されると、瞬く間にその商品は品切れとなり凄い勢いで類似品が店頭に並ぶなんてこともありますよね。

また洋服も多くのブランドが一斉に似た商品を販売することも少なくありません。

流行によってそのあたりが重なる部分と、あきらかにあるブランドを真似て作っているものなどもありますよね。

ヒアロディープパッチは今人気のある目元ケアアイテムのひとつですが、ヒアロディープパッチにも類似品があるのです。

どちらが先に商品を開発したのかという部分はあまり気にしないという人も多く、雑誌に取り上げられていることが多かったり広告として目に入る回数によって、人気のある品はどっちかと判断することが多いのではないでしょうか。

ヒアロディープパッチには特徴的な部分がありますが、そうした部分を踏まえてどんな類似品があるのかを見ていきましょう。

ヒアロディープパッチの類似品にはどんなものがあるの?

ヒアロディープパッチといえば、なんといってもシート上にマイクロサイズのヒアルロン酸の針が形成されていることで有名です。

この針の長さは200マイクロメートル。

針とは言っても腕にさすような針の痛み程ではなく、チクチクする程度のものなので安心して使うことができます。

医療の現場でも使われているマイクロニードル技術を参考にして開発され、直接肌に貼り付けて直接体内に薬剤を注入するこの技術は痛くない注射とも言われています。

ヒアロディープパッチには上記の技術を参考にして作られたものがヒアルロン酸ニードルであり、マイクロニードル自体をヒアルロン酸で作っています。

このヒアルロン酸ニードルによって肌の角質層まで直接ヒアルロン酸を届けるというのは世界で初めての技術とされています。

実際にシートの上に画鋲を逆さにしたような状態のニードルが並び、これを肌に直接のせることで内部に浸透し、翌朝シートを剥がすとニードルがへこんでいることを確認できます。

こうした特徴をもつヒアロディープパッチですが、どんな類似品があるのでしょうか。

●スパトリートメント HAS iマイクロパッチ
目元や口元に使え、家でもエステ並みのケアができる商品。

iマイクロパッチは新技術の製品でありマイクロ構造体が有用成分とともに、肌の角質層にまで届けて溶けていきます。

こだわりは無添加処方、そしてヒアルロン酸の分子をさらに細かくした加水分解ヒアルロン酸Naをニードル上に加工している点です。

Iマイクロパッチの針の長さは250マイクロメートル。

●ダーマフィラー
目元の小ジワや乾燥対策として使用でき、女性誌でもとりあげられ売り上げを伸ばしている商品です。

医薬品にも使用される最新のドラッグデリバリーシステムの溶解型マイクロニードル技術によって肌の内側に高分子ヒアルロン酸を届けます。

高分子ヒアルロン酸は国産を使用し、マイクロニードルは痛みの少ない形状や高密度といった部分に着目して作られています。

類似品はあるけれど…

類似品を今回は2つ上げてみてみましたが、それぞれ根本的な部分は似ているものの、“わが社独自の”と言った部分を売り出している点があります。

価格が異なったり、使用方法が異なったりという部分もあるので気になる商品の公式サイトをチェックして比べてみるのも良いでしょう。

それぞれの公式サイトを見比べてみると使い方の説明がわかりやすかったり、配合されている成分がどのようなものなのかわかりやすかったりと見やすさも異なります。

ヒアロディープパッチの公式サイトではヒアルロン酸がいかに肌にとって重要であるかということを説明し、なぜ小ジワが目立ってしまうのか、どうすれば良いのかという流れをわかりやすく解説してあります。

いくら製品がよくても、使い方がわかりにくかったり説明がわかりにくいと難しく感じてしまいますよね。

そういった点でもヒアロディープパッチは使い方もわかりやすく、マイクロニードルの仕組みもわかりやすく解説されているため、安心して使えるのではないでしょうか。

【類似品に注意!?】ヒアロディープパッチは類似品がある?:まとめ

今回は2つの類似品をチェックしてみましたが、どれも似ているため迷ってしまうという部分がありますよね。

類似品の中から自分に合ったものを見つけられれば、目元ふっくらの若返りが果たせるのではないでしょうか。