マイクロニードルパッチ 韓国
ヒアルロン酸配合のマイクロニードルパッチは様々な会社で販売しており、日本、もしくは韓国で生産されています。

日本で作られたマイクロニードルパッチのほうが安心感はある気がしますが、韓国は美容大国ですし、様々な美容グッズが日本でも販売されていて人気があるので、どこで作られていても同じなのでは?と思いますよね。

実際に現在販売されているマイクロニードルパッチの生産地を調べてみると、かなりの種類がすでに販売されていました。

日本産、もしくは韓国産で作られたマイクロニードルパッチは何か違いあるのでしょうか?

違いを比較してみました。

生産地別のマイクロニードルパッチまとめ

◯日本産

・ヒアロディープパッチ

・クオニスダーマフィラー ヒアルパッチ

・フィルナチュラント IC.U HAマイクロパッチ

◯韓国産

・CELKIN マイクロフィルパッチ

・NIVEOLA スペシャルワン マイクロ パッチ

・スパトリートメント Iマイクロパッチ

特に韓国で作られたマイクロニードルパッチは種類が多すぎることから、人気の3種類をピックアップしています。

どのマイクロニードルパッチについて調べてみても、同じような内容が記載しており、結局日本産と韓国産だとどちらがいいのかこれだけだと選ぶのは難しいようですね…

価格重視なら韓国産?

第一に価格を重視するのであれば、韓国産のCELKIN マイクロフィルパッチが2枚入で700円(税込)で販売されています。

この価格だと恐らくマイクロニードルパッチの中で最も安い価格なので、あまり美容シートにお金をかけたくない人にはいいかもしれませんが、様々なマイクロニードルパッチを試した人の情報サイトをチェックしてみると、やはり価格が安い分効果の感じ方は弱いといった感想が投稿されていました。

その他にもこちらの韓国産マイクロニードルパッチの口コミをチェックしてみると、効果を実感できたのは半々なこともあり、確実に今抱えている肌悩みを解消させるためには満足度は低いでしょう。

効果の実感力が高いのはどのマイクロニードルパッチ?

口コミや情報サイトなどを総合的に調べてみると、マイクロニードルパッチの中でももっとも効果が高いと評判なのは日本産のヒアロディープパッチでした。

なぜ他のマイクロニードルパッチに比べて、評価が高いのでしょうか?

その理由ではヒアルロン酸だけでなく、様々な美容成分が配合されているからだと考えられます。

確かに肌のハリがなくなり、目元のたるみや小じわができる原因はヒアルロン酸の減少も関係していますが、その他にもコラーゲンなど他の成分が減少していくのも原因の一つです。

そのため、ヒアルロン酸だけ配合しているマイクロニードルパッチよりもヒアルロン酸以外にコラーゲンやプラセンタエキスなど美肌になるには欠かせない成分が配合しているマイクロニードルパッチを使用したヒアロディープパッチがより効果の実感力が高いのでしょう。

ヒアルロン酸以外の美容成分も含まれているのに、価格もお試しコースから注文すれば1回あたり約1,000円で使うことができるので、これならヒアロディープパッチのほうがトータルで考えるとお得です。

また、韓国産だとどうしても日本産よりかは生産技術や安全面が劣ることから、日本産にヒアロディープパッチがより安心ですよね。

生産地が韓国なのか日本であるかも大事なポイントですが、より効果の実感力が高いマイクロニードルパッチを選ぶことが大事ですね。

マイクロニードルパッチは韓国産も含めると種類がたくさんありすぎて、どれを選べば良いのか分からない…といった方は安心の日本産であるヒアロディープパッチから始めてみてはいかがでしょうか?

年齢肌が気になってきた方はこれを機に試してみてくださいね!