ヒアロディープパッチで使われているマイクロニードルで本当に肌を若返らせることができるのでしょうか?

マイクロサイズの極細の針が並べられているシートを肌にはることで、マイクロニードルに含まれておるヒアルロン酸などの美容成分を肌に直接浸透させることができることから、効果的に肌が美しくなると評判になっています。

しかし、今まで化粧品で肌の外側から塗るだけだったのに、細いとはいえ、針が並んでいるシートを自分で貼るなんて正直ちょっと怖いですよね。

マイクロニードルは美容業界で使われるようになってからまだ歴史が浅いこともあり、まだマイクロニードルのことを知らない人も多いので、名前だけ聞くと本当に使って大丈夫なのか不安を感じている方も多いでしょう。

マイクロニードルで美容効果をもたらすヒアロディープパッチを使って本当に大丈夫なのでしょうか?

マイクロニードルの安全性や効果について詳しくまとめてみました。

マイクロニードルで肌に負担がかからない?

細いとはいえ、針を肌に貼るのは自分でやるのには抵抗がある人もいますよね。

最近では美容鍼灸が一般的になってきたことから、肌に針を刺すことで美容効果を得られることをご存じの方も多いとは思いますが、それはプロがやるから自分でやっても本当に問題ないのか気になりますよね。

針といってもマイクロニードルは数百ミクロン単位の細さなので、貼った時にチクチクした感じはありますが、強い傷みを感じることはありません。

針の細さでいうと、蚊の針よりも細いと言われているので、そんなに細い針なのであれば、血が出てしまうのは?と傷みや出血を心配する必要もないですよね。

最初のチクチク感が苦手という方もいますが、すぐにマイクロニードルに含まれている美容成分が肌に浸透していくので、チクチク感もすぐになくなっていきます。

そのまま就寝できるほどなので、傷みに関してはあまり気にしなくてもよさそうですね。

もちろんマイクロニードルなので、肌に負担をかけるどころか、美容成分を効果的に浸透させることができるので、美肌ケアとしては非常に効果的なアイテムなのです。

マイクロニードルよりも化粧品のほうが安全なのでは?

マイクロニードルで肌に針を刺すよりも、化粧品で外側からケアしていったほうが安全性は高いのでは?と感じている方もいますよね。

もちろん化粧品でスキンケアをしていくことはもちろん大事ですが、化粧品を塗っても表皮までにしか浸透せず、角質層まで成分を届けることは難しいのです。

加齢するほど肌の奥まで成分を届けるまでに、成分が水分とともに蒸発してしまい、効果が台無しになってしまうことも。

マイクロニードルを使うことで、年齢関係なく、肌の奥まで美容有効成分を浸透させることができるので、週に1回のケアとして非常に効果的なアイテムなのですね。

ヒアロディープパッチを使えば化粧品を使わなくていいの?

ヒアロディープパッチはあくまでもスペシャルケアの一つなので、効果を実感するまでに毎日使ってみることもできますが、基本的には週に1回のケアで十分です。

非常に効果的な美容シートではありますが、だからといって、基礎化粧品でスキンケアを行わなければ肌が乾燥していまい、さらにたるみやしわを悪化させる原因になるので、ヒアロディープパッチを使っていたとしても必ず毎日基礎化粧品でスキンケアを行っていきましょう。

ヒアロディープパッチはマイクロニードル技術によって、今までなら肌の表皮までしか成分を浸透させることができなかったのに、肌の奥まで十分に成分を届けることができるようになりました。

最近肌が疲れてきた、老けてきたかもと感じたら、ヒアロディープパッチを貼ってアンチエイジングを行っていきましょう。